与信管理により変わる債務者の信用

与信管理とは、顧客の与信(信用)を管理することです。 金融業界において顧客は債務者のことを指しますが、融資をする以上は債務者の与信が最も重要視されます。 というのも、お金を貸すということは、その貸したお金に利息をつけてきちんと返済をしてもらわなくてはなりません。 となると、返済能力がない人には融資することはできないでしょう。 そこで金融会社は、債務者の返済能力の確認を行った上で融資をするかどうかを決めます。 つまり、融資における債務者の返済能力が債務者の信用です。 返済能力は、個人のパーソナルデータである年収、職業、勤務年数といった基本情報から、金融機関や貸金業者からの融資内容や融資額、借入明細、返済明細などの情報から判断されることになりますので、債務者の信用を図るためにもこれらの情報は融資側がきちんと管理しておく必要があります。 これが与信管理です。 与信管理の目的は、単純に考えれば不良債権を防ぐことです。 管理されたデータがあれば、危ないと思われる顧客には初めから融資をしない、または融資途中で対策を採ることもできます。 この言葉自体は一般化していないので、消費者が知るところではありませんが、自分の情報が管理されているということは覚えていた方がいいでしょう。 もしも借り入れトラブルを起こすと、上記の理由からお金を借りられなくなってしまう可能性があるので、借入は計画的に正しく利用するということを心がける必要があります。